ed-ict|授業でもっとICT活用

ed-ictは,学校現場におけるICT活用の実践報告や,関連情報に関心をお持ちの先生方を対象とした情報サイトです。

2019年の1年間でed-ictで多く読まれた記事TOP5

第1位

www.ed-ict.net

第1位は用語集からジグソー学習。

アクティブラーニング関連の用語で、2018年からある記事でSEOもなかなか頑張っています。

 

第2位

www.ed-ict.net

第2位は人気連載の「ねこわか」!9月からの掲載にも関わらず圧倒的なPVでした。

今年は一般層への認知で「ねこわか」飛躍の年にしたいと編集部一同願っています。

 

 

第3位

www.ed-ict.net

第3位は教育行政情報より「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画」でした。

本記事は2018年公開、昨年の「一人一台」発表があったので、歴史的は変遷を辿る記事になりました。

 

 

第4位

www.ed-ict.net

第4位は用語集より「有意味受容学習」でした。

こちらもニュースなどでアクティブラーニングが取り上げられたりすると反応がありました。Google検索からの流入が多いのも特徴です。

 

 

第5位

www.ed-ict.net

第5位は授業実践事例より「Googleフォームを使用したふりかえりの3分」。

リアルタイムで意見が集約されるアクティブラーニング型授業の例として掲載しています。教育現場におけるBYODも本格化していきそうな雰囲気がありますので、こういった事例はどんどん増えてくるといいですね!

 

 

【総評】

昨年読まれた記事で、昨年公開のものは、人気連載のねこわかグラフ初回のみという結果でした。検索流入の多い用語がやはり強いと実感しました。本年は「ねこわか」を成長させつつ、新たな柱が生まれてくれたらいいなと考えています。

 

【連載】ねこでも分かる!いかさまグラフにはもうダマされない!!「第4回 円グラフ(2)」

執筆:天野由貴 監修:奥村晴彦

f:id:s-tamagawa:20190905133815p:plain

  • はじめに
    • 人物紹介
    • 前回までのあらすじ
    • 色とりどりグラフ
    • ケーキグラフ
    • まとめ
  • 著者プロフィール

はじめに

この連載では,世の中に出回っている変なグラフを例に,どこが悪いかを解き明かしていきます。みなさんも変なグラフにだまされないよう,イトウさんとにゃんこさんと一緒に学びましょう。

人物紹介

f:id:s-tamagawa:20190820155535p:plain

奥村先生
言わずとしれた,すんごい先生。統計学,物理学,情報学に精通しており,LaTeXやRの本も執筆されている。にゃんこさんとイトウさんをやさしく指導してくれます。

f:id:s-tamagawa:20190820155538p:plain

にゃんこさん
わかりにくさを嫌う猫。グラフはわかりやすくしてほしいと常日頃思っている。3Dグラフは撲滅!撲滅!!

f:id:s-tamagawa:20190820155540p:plain

イトウさん
本連載では生徒役。すべてのことをわりとあっさり受け止めるタイプ。

 

続きを読む

【12/17更新】何が変わる?大学入学共通テスト

f:id:s-tamagawa:20191217111509j:plain

追記(2019年12月17日)

2019年12月17日、萩生田文部科学大臣は、「受験生の不安を払拭し、安心して受験できる体制を早急に整えることは現時点では困難」とし、国語・数学の記述式問題の導入を見送ることを発表しました。

以下の記事はこれまでの参考としてご覧ください。

大学入学共通テスト(新テスト)の実施が、いよいよ来年度に迫ってきました。

ここでは、現行の大学入試センター試験との変更点や、各教科の出題方法などをまとめます。

小社は、独立行政法人 大学入試センターとは関係ありませんので、必ず正式な公表資料をご参照ください。

  • センター試験とここが変わる!
  • 各教科について
    • 国語
    • 地理歴史・公民
    • 数学
    • 理科
    • 外国語
  • まとめ

 

続きを読む

【12/11更新】大学入学共通テスト(新テスト)~大学入試英語成績提供システムって?~

2020年度から始まる大学入試共通テスト(新テスト)の「大学入試英語成績提供システム」についてまとめました。

令和6年(2024)度まで延期されることが令和元(2019)年11月1日に文部科学省から発表されました。下記で公表されている内容は変更になる可能性があります。

小社は,独立行政法人 大学入試センターとは関係ありませんので,必ず正式な公表資料をご参照ください。こちらの記事は参考としてご覧ください。

  • 大学入試英語成績提供システムとは
  • 共通IDの発行
  • 資格・検定試験は何回受けられるのか
  • 資格・検定試験はいつ受けるのがよいか
  • 何の資格・検定試験を受ければよいか
  • 利用予定の大学(2019/12/11更新)
続きを読む

【連載】ねこでも分かる!いかさまグラフにはもうダマされない!!「第3回 円グラフ(1)」

執筆:天野由貴 監修:奥村晴彦

f:id:s-tamagawa:20190905133815p:plain

  • はじめに
    • 人物紹介
    • 前回までのあらすじ
  • 円グラフ
    • クジャクグラフ
    • なんの割合か
    • まとめ
  • 著者プロフィール

はじめに

この連載では,世の中に出回っている変なグラフを例に,どこが悪いかを解き明かしていきます。みなさんも変なグラフにだまされないよう,イトウさんとにゃんこさんと一緒に学びましょう。

人物紹介

f:id:s-tamagawa:20190820155535p:plain

奥村先生
言わずとしれた,すんごい先生。統計学,物理学,情報学に精通しており,LaTeXやRの本も執筆されている。にゃんこさんとイトウさんをやさしく指導してくれます。

f:id:s-tamagawa:20190820155538p:plain

にゃんこさん
わかりにくさを嫌う猫。グラフはわかりやすくしてほしいと常日頃思っている。3Dグラフは撲滅!撲滅!!

f:id:s-tamagawa:20190820155540p:plain

イトウさん
本連載では生徒役。すべてのことをわりとあっさり受け止めるタイプ。

 

続きを読む

iPadを活用した授業展開~生徒自らが学ぶ姿勢を目指して~

長野日本大学中学・高等学校  がみ 将太 先生

学年 高校1年高校2年高校3年
教科 英語数学国語理科地歴公民保体家庭情報
科目 生物
教科書 【生物311】 高等学校 改訂 生物
教材 スクエア 最新図説生物
内容 第1章 細胞と分子 より 細胞の生命活動を支える細胞内構造

 

今回の実践で対象としたクラス(全3クラス)は,系列の日本大学への進学を志望する生徒を中心にしたクラスである。大学進学へは推薦入試を利用するため,入試では「生物」を利用しない生徒が多いので,ゆっくりと進めることができる。

また,今回の報告を行う学年では高校1学次から全生徒にiPadを貸与している。通常の授業で活用しているほか,総合学習の一環で,1年次の校外学習や修学旅行の行程をプレゼンテーションさせることもあるなど,iPadの活用を積極的に行ってきた。

 

  • 実践のねらい
  • 授業計画
  • 授業の様子
    • 各自で調べ学習
    • 発表する構造を選ぶ/発表資料をつくる
    • 発表
      • 発表で使われたスライドの一例
      • まとめのテスト
  • まとめ
続きを読む

【連載】ねこでも分かる!いかさまグラフにはもうダマされない!!「第2回 3Dグラフ」

執筆:天野由貴 監修:奥村晴彦

f:id:s-tamagawa:20190905133815p:plain

  • はじめに
    • 人物紹介
    • 前回までのあらすじ
  • 3Dグラフ
    • 3Dグラフ,上から見るか?横から見るか?
    • 誤解を与えるようなグラフは,グラフではない。
      • コラム:0の基準線
    • すごーい予備校グラフ
    • まとめ
  • 著者プロフィール

はじめに

この連載では,世の中に出回っている変なグラフを例に,どこが悪いかを解き明かしていきます。みなさんも変なグラフにだまされないよう,イトウさんとにゃんこさんと一緒に学びましょう。

人物紹介

f:id:s-tamagawa:20190820155535p:plain

奥村先生
言わずとしれた,すんごい先生。統計学,物理学,情報学に精通しており,LaTeXやRの本も執筆されている。にゃんこさんとイトウさんをやさしく指導してくれます。

f:id:s-tamagawa:20190820155538p:plain

にゃんこさん
わかりにくさを嫌う猫。グラフはわかりやすくしてほしいと常日頃思っている。

f:id:s-tamagawa:20190820155540p:plain

イトウさん
本連載では生徒役。すべてのことをわりとあっさり受け止めるタイプ。

 

続きを読む

【新連載】ねこでも分かる!いかさまグラフにはもうダマされない!!「第1回 グラフとは言えないグラフ」

執筆:天野由貴 監修:奥村晴彦

f:id:s-tamagawa:20190905133815p:plain

  • はじめに
    • 人物紹介
    • 変なグラフってどんなもの?
  • グラフとは言えないグラフ
    • 歪んだグラフ
    • 70%+60%+63%=100%?
    • 総回答数=総人数?
      • コラム:円グラフはグラフ内に項目を書こう!
    • もはや挿し絵
  • 著者プロフィール

はじめに

この連載では,世の中に出回っている変なグラフを例に,どこが悪いかを解き明かしていきます。みなさんも変なグラフにだまされないよう,イトウさんとにゃんこさんと一緒に学びましょう。

人物紹介

f:id:s-tamagawa:20190820155535p:plain

奥村先生
言わずとしれた,すんごい先生。統計学,物理学,情報学に精通しており,LaTeXやRの本も執筆されている。にゃんこさんとイトウさんをやさしく指導してくれます。

f:id:s-tamagawa:20190820155538p:plain

にゃんこさん
わかりにくさを嫌う猫。グラフはわかりやすくしてほしいと常日頃思っている。

f:id:s-tamagawa:20190820155540p:plain

イトウさん
本連載では生徒役。すべてのことをわりとあっさり受け止めるタイプ。

 

続きを読む