ed-ict|授業でもっとICT活用

ed-ictは,学校現場におけるICT活用の実践報告や,関連情報に関心をお持ちの先生方を対象とした情報サイトです。

iPad 活用塾 番外編「フォント埋め込みをしよう」

f:id:m-ake:20190516101307j:plain

 この連載では、タブレット端末でも特に人気の米国Apple社・iPadの活用方法について紹介をしていきます。

 教育現場も含めた様々な現場での実践活用例も数見られるiPadについて、本連載では初歩的なところから紹介して、授業でしっかり活用できるように進めていきます。

 番外編の今回は、iPadでPowerPointのファイルを使用する際のトラブルについてのお話です。

 

【本連載】

iPad活用塾 第1回「iPadってどんなもの?」 - ed-ict|授業でもっとICT活用

iPad活用塾 第2回「アプリをインストールしよう」 - ed-ict|授業でもっとICT活用

iPad活用塾 第3回「知っておくと便利なこと」 - ed-ict|授業でもっとICT活用

 

 

こんなトラブルありませんか?

タナカ先生、こんにちは。この前、外字フォントをインストール(※下記参照)してPowerPointの教材を作っておられましたが、それからどうなりましたか?

www.ed-ict.net

そうそう。iPadにもMicrosoft Officeを買ってインストールしてきたの。iPad活用の知識も付いてきたことだし、この教材をiPad上で動かしながら、プロジェクタを使って黒板に映そうと思っていたのだけど・・・

だけど・・・?

パソコン上では表示されていた文字が、iPad上ではまた違う文字になっているのよ!

参考) iPadの画面

f:id:m-ake:20190514152133p:plain

 

本当ですね。iPadには外字フォントが入っていないからですね。

じゃあ、パソコンと同じように、iPadにも外字フォントをインストールすればいいのね!

それよりも、PowerPointのファイルにフォントの埋め込みをするといいですよ。

今回使用したのはOffice2010です。Office2016の場合も同様です。

 

フォント埋め込みをしよう

そうなの?知らなかったわ。どうやってフォントを埋め込むのかしら・・・?

パソコンでPowerPointのファイルを開き、1. [ファイル]メニューから[オプション]を選択します。2. [保存]から下の[フォントを埋め込む]にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

1. [ファイル]メニューから[オプション]を選択

参考) パソコンの画面

f:id:m-ake:20190514130015p:plain

f:id:m-ake:20190514163045p:plain

2. [保存]から下の[フォントを埋め込む]にチェックを入れ、[OK]をクリック

f:id:m-ake:20190514163026p:plain

 

あら、意外と簡単に出来るのね!

はい。ここでは「使用されている文字だけを埋め込む」にチェックを入れてやってみましょう。

よいしょっと・・・。これでiPadにファイルを送れば良いのね。あっ、正しい文字が表示されたわ!

f:id:m-ake:20190514152150p:plain

 

フォント埋め込みの手順

1.[ファイル]メニューから[オプション]を選択

2.[保存]から下の「フォントを埋め込む」にチェックを入れて[OK]

※マイクロソフト社製の標準フォント(MS明朝やMSゴシックなど)は、フォント埋め込みを行っても、ネットワークにつながっていないと表示されない場合がございます。

 

このようにして、PowerPointのファイルにフォント埋め込みをすれば、iPadでも外字が正しく表示されるようになります。

じゃあ、このiPadだけじゃなく、他の先生のiPadでも同じように表示されるのかしら?

はい。このPowerPointのファイルを開けるものであれば、同じように表示されます。外字フォントをインストールされていない、別のパソコンでも使えますね。

国語教師としては、基本的にこの作業をしたほうがよさそうね。

ただし、ここで1つ、注意することがあります。

注意すること

何に気を付けなければならないのかしら?

先程の手順2で「フォントを埋め込む」には「使用されている文字だけを埋め込む」「すべての文字を埋め込む」の2つの項目があったと思います。

ええ。この2つはどう違うのかしら。

「使用されている文字だけを埋め込む」と、そのフォントがインストールされていない別のパソコンでは、埋め込まれたフォントでの編集が出来ませんが、ファイルのサイズは比較的抑えられます。「すべての文字を埋め込む」と、別のパソコンでも編集が可能ですが、ファイルサイズは大きくなります。

状況に応じて使い分ける必要がありそうね。

 

補足 注意すること

1. 「使用されている文字だけを埋め込む」・・・編集が限られる。ファイルサイズは比較的抑えられる。

2. 「すべての文字を埋め込む」・・・どの環境でも編集ができる。ファイルサイズはより大きくなる。

 

これでiPadを使いながら授業がスムーズに出来そうだわ。

失敗を恐れず、iPadを活用した授業に挑戦してみましょう!